【福真 x まちぐみ シャッター画完成!】

#福真 x #まちぐみ
昨年、社長からお話をいただき、コロナ禍にみんなでアイデアを出し合って、

実は魚たちがパン食い競争のようにシフォンケーキ食い競争してる絵など、

他にもたくさん楽しい案があった中で、

ゆかりん&ひろし夫妻の案を社長が気に入られてデザインが決まりました。

お店がお休みの日曜日だけのシャッターペインティングの活動を6月5日から26日までの4日間、

多分、のべにして60名以上の塗り塗り隊や応援隊が参加してくれて、

26日午後3時頃、社長がイカの目入れをして完成となりました。

4日間だけとはいえ約1ヶ月。
毎週日曜日の恒例行事となり、

飲み物を差し入れに来てくれたり、SNSで活動の様子を発信してくれたり、

そのSNSを見ましたーという市民や、たまたま通りがかった市民が声をかけてくれたり、

まちぐみ組員が入れ替わり立ち替わり塗り塗りに来てくれたり、

毎週来て活動の記録写真を撮ってくれる組員、

自信がないから塗らないけど交流してくれたり片付け手伝ってくれる組員。

まちなかのど真ん中で公開制作をすることを通して、本当にたくさんの予期せぬふれあいがあり、

こーゆーふーに活動が市民や観光客に見られていることが、

このまちの活気や人の元気をダイレクトに表現できるひとつの方法だなーと、

あらためて感じることができました。

6年目となる #はっちのパーテーションに南部ひしざし

公の場で人に見られることを意識したプロジェクトですが、

今回の活動は今後のヒントになる貴重な経験でした。

11年前の #八戸のうわさ プロジェクトからずっと可愛がってくださっていて、今回もこのような機会をくださった福真の社長さんには心から感謝しています。

閉店後の夜と休業日の日曜日しか見れませんが(笑)、

お近くにお越しの際はシャッター画をぜひご覧ください。

写真は26日の夜。
社長と打ち上がったあとシャッターの前で、の図。

しかし、このしゃちょーやべーな。爆笑

【追伸】
ボクらが福真でシャッター塗り塗りしてる向かいの #めん匠 で、

#いまじむ のわかちゃんが顔出しパネル制作をした19日は、

六日町がストリートアートゾーン化しました。

これってすごいよね。

その顔出しパネルが7月11日お披露目となります。

生ドラムロール付きの除幕式は、19時からめん匠前です。ぜひお越しください。

→ まちぐみHPはこちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください