各々、好きなようにまったりと活動ができる幸せな日常。

ひろしです。

はっちは8周年となるみたいですね・・・もうそんなに経つんだなぁ。

ラボ人としてきたのですが、一足先にゆかりんがラボに到着していました。

ひしざしのブローチを作るみたいです。

ラボに到着したら、早速看板がブレイキング。

このラボの中でどんな大乱闘が行われたのか。

プロレスばりに、この看板を持ってバーンってやった人がいるのかな?

まあ、たぶん風で倒れて壊れたのでしょうけれども・・。

それはいいとして、階段を見ると、マキタの箱が「オレを見ろ」と言わんばかりの存在感を放っていました。

こりゃあ、オレに直せってことなのかな?と思い、せこせこと修理。

せこせこしている間に、途中でたいっつぁんが来ラボ。

たいっつぁんは今回、ワカサギを釣っていたようで、クーラーボックスを広げ少し分けてくれました。

かなりふっくらとしたワカサギ。

天ぷらやから揚げにするといいみたいです・・・料理できないけれども汗

明日も行くみたいです、風邪をひかないように!

看板の修理はというと、ビスの長さでちょうどいいものがなかったので、木端を挟んで。

ゆかりんに手伝ってもらいつつ、ビュイーン。

なんとか直しました。

たぶん、1回くらいは風で倒れても大丈夫だと思います。

看板を直し終わった後、お出かけ帰りのへんじんちゃんが来ラボ。

ゆかりんは、ひしざしのブローチを。

へんじんちゃんは、不思議な粘土で作ったパーツを組み合わせて作品を手掛けていました。

この粘土、紙粘土ではなく、練り消しのように伸びる不思議な粘土・・・固まった後は紙のように軽くなります。

名前は秘密。

セリアに売っているらしいよー?

それを使ってへんじんちゃんが作ったパーツの一部。

何も考えずに、こういう形が生み出せるのが、へんじんちゃんという名前の由来。

普通だったら、○を作ってー、□を作ってー、それを組み合わせてー・・・となりますからね。

夕方くらいに、昨日組員になったらしい、もりちゃんさんが来ラボ。

もりちゃんさんは、紙と同じくらいの厚さで光るパネルを、個人で開発!

たとえば、一見単なる紙に見えるものが。

電源を入れると、ぴかーっと。

まだ、具体的な使い方は考え中みたいですが、たとえば、ショップのメニューを場所を取らずに光らせたり。

こんな感じで、いぬくんの作品が光ったり。

紙みたいな薄さなので場所も取らないし、電源とか確保をする工事も不要。

また、電気代も抑えられる・・・かは、聞いていなかったので、使ってみたい!と思っている方がいらっしゃいましたら、ぜひ、もりちゃんさんへご連絡を!

ちなみに、名前がわからないので、「ほたるいた」と名づけましょう(いぬくん)。

いぬくんも来ラボ後、へんじんちゃんやゆかりんたちがお腹すいたということで、2人でホットケーキ祭り。

かなりなボリュームが出来上がり、夕食不要なくらいお腹いっぱいに。

せんべいホットケーキとかできないかな?

という感じで、相変わらず誰にも縛られず、各々好きなことを行って、まったりと過ごした日となりました。

毎度、この場所に来ると、これで生活できないかな?と思ってしまう、ひろしでした。

→ まちぐみHPはこちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください